忍者ブログ

古社への誘い 神社散策記

たまには静かなる社の空間に身をまかせ、心身共にリフレッシュしてみませんか・・・・

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大雷淡州神社、土塩淡州神社

所在地   埼玉県比企郡滑川町山田(下山田)
御祭神   大雷神(おおいかづちのみこと)、息長足日売命
社  挌   旧村社
例  祭   7月28日  秋祭 10月16日


 森林公園南口側から県道250号森林公園停車場武蔵丘陵森林公園線を北東へ走って行くと、西側,つまり右側にに大雷淡洲神社の鳥居が見えて来る。社は道路沿いにあり、東側に社殿を向け、その前は比企丘陵の南北に細長い一面ののどかな田園風景が続く。
 上山田に鎮座する淡州神社とは至近距離にある社だ。
 
 

     鳥居の横にある社号標               鳥居の額「大雷、淡州、日吉神社」
 鳥居の額には日吉と明記されているが社号標石には日吉の文字は無く、案内板の御祭神にも日吉神社関連の神、つまり大山守命や大己貴命はいない。
 

大雷淡洲神社

 滑川村大字山田(下山田)
 祭神  大雷命 息長足日売命
由緒
 当社は昔この地方がしばしば旱魃に見舞われ凶作が続くので、五穀豊穣を願って雨乞いの神大雷命と三韓鎮定に功績を挙げた神功皇后を祭神として奉祀した神社と伝承される。勧請の年代は資料によれば応永二乙亥(西暦一三九五)年と推察される。寛永二乙丑年に邑の鎮守となり、明治四年三月に村社に列格した。(以下略)
                                                      案内板より引用

 
 鳥居を過ぎて数段の石段の上に鎮座する二社並列の大雷淡州神社の拝殿。ただしどちらがどの社かは何も明記されていないため不明。

           拝殿の右側にある天満天神宮


 

土塩淡州神社

所在地   埼玉県比企郡滑川町土塩
御祭神   速御玉比売命
社  挌   旧村社
例  祭   4月17日
 
 埼玉県道250号を北方向に進み、山田交差点を左折し、上山田淡州神社を右側に見ながら道なりに真っ直ぐ進む。突き当たりの福田交差点を右折し、元東松山有料道路を熊谷市方向に進むと土塩Y字路にぶつかるのでそこを左折すると左側に土塩淡州神社が見えてくる。専用駐車場はないので、神社を通り過ぎてからすぐ先の交差点に駐車スペースがあったのでそこに停め急ぎ参拝を行った。
               土塩淡州神社正面

淡洲神社
 
滑川町大字土塩
 
祭神 速御玉比売命
 
由緒
  
当社は神功皇后の三韓鎮定の広徳を仰ぎその神霊を此の地に奉祀したという。
 
創始の年代は天明三癸卯(西暦一七八三)年七月三日と記録されており、天児屋根命第五十八代的伝神祇道唯一人 吉川源十郎源従門によって創立されたと伝えられる。
 
境内地四○六坪には杉の大樹が聳え神苑に荘厳の気を漂わしている。

 祭事
  元旦祭 一月一日   新年祭 二月二十六日
  例祭  四月十七日  新嘗祭 十月十七日
  大祓  十二月三十日                                      案内板より引用
             

 
       社殿左側にある境内社 不明                こちらの境内社も不明
 
                土塩淡州神社本殿



拍手[1回]

PR