忍者ブログ

古社への誘い 神社散策記

たまには静かなる社の空間に身をまかせ、心身共にリフレッシュしてみませんか・・・・

月輪神社

 関白藤原忠通の子で九条家の粗である九条兼実(くじょうかねざね)は、京都の月輪寺(がつりんじ・つきのわでら)に隠棲していたことから「月輪殿(つきわでん)」と呼ばれていた。その霊が合祀されていると言われているのが月輪神社で、「月輪」の地名もここに由来しているとのことだ。参道や境内には樹齢何百年と思えるくらいの立派な杉が植わっていて、静寂かつ厳かなたたずまいであり、歴史を感じる古社である。
所在地   埼玉県比企郡滑川町月輪418
御祭神   素戔嗚尊、木花開耶姫命、味鋤高彦根神、豊受気媛神、月輪兼実公、菅原道真公
社  挌   指定村社(大正5年)
例  祭   10月19日 秋祭  11月23日 新嘗祭


       
 月輪神社は埼玉県道47号深谷東松山線を南下し、森林公園駅入口交差点のY字路を右折し、森林公園北口前の信号をまた右折する。道なりに真っ直ぐ進むと約5分弱で左側に月輪神社の社号標が見えてくる。駐車場は神社の東側隣に集会所があり、そこには駐車スペースが確保されており、そこに停めて参拝を行ったが、そこは神社の拝殿のすぐ横にあり、正面、つまり南側の鳥居から参拝することをモットーとしている筆者にとっては少々遠回りをしなければならないことが不満な点ではあるが。
           
                        南側にある月輪神社の社号標  
   社号標の先にある朱塗りの一の鳥居              自然のままの社殿に通じる参道
                                     境内は鬱蒼とした杉林に覆われている。
          
 参道の先にある拝殿。なんでもこの社殿の基盤全体が古墳となっているようだ。この森林公園の南側に位置する羽根尾地域から月輪地域にかけては、数多くの遺跡が出土している日本でも有数の遺跡分布地帯で、調査によると、未発掘の埋蔵文化財が、町のほぼ全域に分布しているそうだ。

 東武東上線「つきのわ駅」の北部にある月輪古墳群や月輪遺跡からは、古墳時代の土器や石斧、直刀、さまざまな形の埴輪が数多く出土。東上線以南の地区からは縄文時代早期の土器が見つかり、駅西南部の一帯では旧石器時代の石器も発見されている。
   
     拝殿の「月輪神社」と書かれた扁額                      拝殿前の石段の横には案内板がある。

月輪神社
  由 緒
  当社は和同二巳酉(西暦七0九)年に大宮氷川神社の神霊を此の地に分社したと鎮守名に記載されており その後建久九戊午年三月、月輪兼実の霊を合祀して氷川大明神と称した
享保八年九月宗源宣旨により正一位の神位を贈られた 明治維新の際明神号を廃し 氷川神社と称し 明治四十一年三月大字内の五社を当社に合祀して今までの氷川神社号を月輪神社と改称した 明治四年村社となり 大正五年指定村社に昇格した

  昭和五十四年十二月吉日
   滑川村観光協会
   滑川村教育委員会

          
                     本殿覆屋とその脇にある境内社。

神社の北西側、つまり車を駐車している場所には蠶魂之碑と月輪稚蚕共同飼育所建設記念碑がある。
 
          
          道路沿いにある社号標のほうが歴史を感じる重みのある標石だと思う。

拍手[1回]

PR