忍者ブログ

古社への誘い 神社散策記

たまには静かなる社の空間に身をまかせ、心身共にリフレッシュしてみませんか・・・・

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

甕甕神社

  甕甕神社が鎮座する埼玉県美里町。埼玉県北西部に位置する、人口約1万2000の自然豊かな町だ。
 美里町は律令時代には那珂郡と言われ、この「なか」は、賀美(かみ)郡の「上」に対する「中」の意とする説があるそうだ。付近一帯には長坂聖天塚古墳に代表される県下でも最古級の古墳があり、そのほか普門寺古墳群、羽黒山古墳群、広木大町古墳群等の古墳群がこの狭い地域に密集して存在する。現存する古墳数も大小177基に及び県下では最も多い。またこの地域は地形上、東国の中心地であった上毛野国(上野国)の南部に位置し上野国と深い交流があったと思われる。
 近くには神池である「摩河の池」を中心に古代祭祀が行われていたものとされ、周辺には広木古墳群の他にも埴輪窯跡・竪穴住居跡なども発掘。当社の祭祀集団は神酒づくりにかかわる土器=ミカを製作した出雲族の集団であったと推定される。武蔵と上野の風土が色濃く混じり合った雰囲気がこの那珂郡と言われ、この「なか」は、賀美(かみ)郡の「上」に対する「中」の意とする説があるそうだ
                          

所在地     埼玉県児玉郡美里町広木1
主祭神     櫛御気野命 
            (合祀)大山咋命 宇賀能御魂命 天宇受女命 佐田比古命迦具土命 
                    須佐之男命
         延経『神名帳考証』信友『考証』『神祇志』大物主命
          『神社覈録』『武藏国式内神社命附』『新編武藏風土記稿』武甕槌命
社  格     式内社 県社 那珂郡総鎮守
例  祭     例祭日4月13日   八坂祭7月25日
創立年代   不詳
*「全国神社祭祀祭礼総合調査」では甕甕神社と表記しているので、同左として表記する。


  甕甕神社は国道254号を美里町方面(国道140号方面)から児玉方面へ進み、広木交差点を右折、または広木交差点先すぐの場所に鎮座している。創立年代は不詳ではあるが延喜式に記載されている古社。。同所は武蔵七党猪俣党の発祥地とされる。社名の「ミカ」とは酒をかもすのに用いた大型の甕のことで、当社に御神宝とされていた土師器が4個保存されているとのことだ。

 
       国道254線から路地を進むと鳥居がある            鳥居を超えて左側にある甕甕神社案内板   
甕甕神社
所在地 児玉郡美里村大字広木
みか神社の創立年代は不詳であるが、醍醐天皇の延喜式神明帳に登載されている古い社で、祭神に櫛御気野命、櫛みか玉命の二神が祀られている。江戸時代の享保8年(1723)に正一位を授けられたと伝えられ、宝暦8年(1758)に建設された境内の碑にも「正一位みかの神社」とある。
現在の社殿は宝暦13年に再建したもので、これを記した棟札が残っている。
社名のみかとは酒を造るために用いた大きな甕(かめ)のことで、現在、当社に御神宝とされていたと思われる。
土師器のミカが四個保存ざれている。
例祭は、毎年4月13日と10月15日に行われ、以前は秋の例祭に新米で濁酒を二瓶造り、これを神前に奉納して、その一つは翠春の参拝者に分け与え、他の一つは秋の例祭のときに新調したものと交換していた。現在は清酒を奉納し、これを御供物として参拝者に分け与えている。
昭和58年3月
埼玉県
                                                                                                                 社頭掲示板より引用
                 
                                     神楽殿 なかなか重厚ある造り
             
                         コンパクトに纏まった拝殿  
           
                   
                               本   殿               

由 緒
  当社の創立は詳かでないが延喜式神名帳に所載の古社であって古来旧那珂郡の総社と称されて居りました。「延喜式神名帳とは、人皇60代後醍醐天皇の延喜の年代の頃中央に於て全国の神社を調査し纏めた書物が完成された。この本を延喜式神名帳と云いこの書物に登載され居る社を式内社と云います。」神階は往古は不明であったけれども享保8年正一位の神階を授けられ宝暦8年に建設した碑に正一位みかの神社とあり。神領は徳川幕府の時代に地頭より除地四段 八畝歩を寄附せられ尊敬最も厚かった。祭典は春秋二季に行い毎年秋の例祭に新米を以って濁酒二甕を造り之を撤し其の一は秋季例祭に於て新酒と交換し何れも神供として其の神事に与る氏子に信徒に分与することが例であって往古より明治中期まで行い来られる。古式の神事でありましたが現今は中止されて居る。尚宝暦13年御本殿の改造の棟札は残って保存されて居る。                                                                                                   
                                                                      全国神社祭祀祭礼総合調査 神社本庁 平成7年
  甕甕神社の社殿の周りには多くの境内社が所狭しと並んでいる。また拝殿の左側には社日と呼ばれる五角形の石柱が立っていて、「社」は土地の神、「産土神(うぶすながみ)」を祀った神社にお参りして五穀を供えて豊作を祈り(春社)、また秋の初穂を供えて収穫に感謝する(秋社)、農耕民族らしい日本の信仰形態だ。


 境内奥に並ぶ境内社
(写真左側) 写真右側から産泰神社、諏訪神社、天満天神宮、神明神社、蚕影神社、山王神社、松尾神社)
(写真右側) 蚕影社、山王神社、松尾社、古峯山、鹿島社、稲荷社、愛宕社、天手長社、大雷社など
           

                                  
社日と呼ばれる五角形の石柱

  甕神社の祭神は櫛御気野命と言い、櫛は奇霊(くしび)であり、御気は御食または御木のことで、神祖熊野大神櫛御気野命と同神。つまり本来熊野大神であるが別名素盞嗚尊(スサノオ)と言う。この熊野大神は有名な熊野三山とは無関係のようで、本家は島根県八束郡八雲村熊野に鎮座する熊野大社であるようだ。
 熊野大社
  鎮座地 島根県八束郡八雲村熊野2451
  旧称   熊野坐神社 熊野大神宮 熊野天照太神宮
  別称    日本火出初社 出雲國一宮 後明治4年國幣中社、大正5年國幣大社
  主祭神 加夫呂伎熊野大神櫛御気野命と称える素戔嗚尊
  神紋    一重亀甲に「大」の文字

  この社は720年の日本書紀によると、659年に出雲国造が創建したと記されていて、733年の出雲国風土記では、出雲大社とこの熊野大社が出雲国内で最も格式の高い「出雲國一之宮」とされているが両社の力関係は同一ではなく、文献では『文徳実録』(八五一年)には、「出雲国熊野杵築両大神を従三位に叙す」と、また『三代実録』(八五九年)にも「 出雲国正三位勲七等熊野坐神、正三位勲八等杵築神を従二位に叙す」とあり、いずれも熊野大社、次いで杵築と記しているように、熊野大社の神格が一段高く評価されていることが窺える。また日本火出初社(ひのもとひでぞめのやしろ)という別称があり「火」の発祥の神社としても信仰を集めていて出雲国造の世継ぎの儀式「火継式(神火相続式)」や「新嘗祭」等の重要な儀式は出雲大社宮司の出雲国造家が「熊野大社」に出向いて行われている。
  出雲国の熊野大社と紀伊国の熊野大社はどのような関係だろうか。熊野大社から紀伊国に勧請されたという説と、全くの別系統とする説がある。社伝では熊野村の住人が紀伊国に移住したときに分霊を勧請したのが熊野本宮大社の元であるとしている。紀州の熊野神は後に皇室の崇敬する所となって繁栄し、蟻の熊野詣でとまで言われる程になった。 出雲のお膝元にまで紀州系の熊野神社が勧請されているとの事、出雲国内で61社あると言う。
 甕甕神社の祭神は櫛御気野命といい、本宮が島根県八束郡八雲村熊野に鎮座する熊野大社であるということは重要な点だ。なぜなら出雲族といっても出雲大社を本宮とする大己貴命系と、熊野大社を本宮とする素戔嗚命系に分類されるからだ。ちなみに埼玉県内の出雲系の神社の祭神は以下の通りだ。

 氷川神社             須佐之男命  大己貴命
 鷲宮神社             天穂日命  大己貴命
 金鑽神社             素戔嗚尊
 本庄金鑽神社         素戔嗚尊
 熊野大神社          事解男命 速玉男命
 玉敷神社           大己貴命
 出雲伊波比神社      大名牟遅神  天穂日神
 出雲乃伊波比神社(寄居町) 須佐之男命 
 出雲乃伊波比神社(熊谷市)  天穂日命  大己貴命
 久伊豆神社        大己貴命 事代主命
 前玉神社          前玉比売神  前玉彦命
 上之村神社        大己貴命   事代主命
 伊波比神社        天穗日尊
 横見神社          建速須佐之男命  櫛稻田比売命
 高負彦根神社         大己貴尊
 稲乃比売神社       素盞嗚命  大己貴命
 田中神社(熊谷市)  武甕尻命  天穂日神

 赤色が大己貴系、青色が素戔嗚系で圧倒的に大己貴系が多い。中には氷川神社や稲乃比売神社のように素戔嗚系と大己貴系が一緒に祀っている神社も存在する。が、こと県北に関しては金鑽神社、本庄金鑽神社、甕甕神社、そして寄居町の出雲乃伊波比神社は素戔嗚系で集中している特徴がある。
 少なくとも出雲族といっても大きく2系列の一族の進出が武蔵国にはあって、大己貴命を信奉する一族は埼玉県北東部の行田市、羽生市付近から元荒川を沿って南行する一派と西方面へ進出する一派に分かれ、かたや素戔嗚命を信奉する一族はは金鑽神社の児玉郡から甕甕神社の那珂郡、男衾郡にかけてに進出し広がりをみせたのではないかと現時点では推測する。
  
 

拍手[3回]

PR