忍者ブログ

古社への誘い 神社散策記

たまには静かなる社の空間に身をまかせ、心身共にリフレッシュしてみませんか・・・・

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

宮塚古墳

 埼玉県熊谷市広瀬にある古墳。荒川中流域の段丘上に所在し、小規模古墳が密集する広瀬古墳群のなかの1基で、古墳時代末期の数少ない上円下方墳として貴重である。保存の状態も良好で学術上価値が高いことから、1956年(昭和31)に国の史跡に指定された。7世紀後半の築造と推定され、東辺17m、西辺24m、高さ約2m規模の下方部の土盛りに、径約10m、高さ約2.5mの上円部を築成。

 関東地方では珍しく、墳丘は上円下方の形態をとどめるが、元来円墳か方墳であったのが後世の耕作によって削られたという見解もあり、葺石(ふきいし)の一部も残存している。山王と称せられる平地にあるため「山王塚」、あるいは「お供え塚」の別称をもつ。


 所在地    熊谷市広瀬608
 築造時期    7世紀後半頃
 区  分     国指定史跡(1956年5月15日)
 形  状     上円下方墳 
 埋葬者    不明

                                                   
          
 熊谷市広瀬地区、熊谷運動公園の南側に位置し、雑木林の中に静かに佇む。専用駐車場もなく国指定史跡として整備はされていないので、宮塚古墳という名前は知っていても、どこにあるのか地元の人もあまり知られてはいない現状だ。正直この古墳に行く専用道路も一本もあればありがたいのだが、周囲は畑に囲まれてそれすらない。
             
                  宮塚古墳から少し離れた道路沿いにある案内板 

  この古墳の特徴は、高さ約2mの方台の上に円墳が乗っていて、上円下方墳と呼ばれる全国的にも珍しい古墳である。天智天皇陵にも使われているとの事。円墳には盛土が崩れないよう装飾を兼ねた葺石が所々にあり、最上部には石祠がある。

  上円部には確かに葺石らしい石が多数ある。         上円部には石祠が一基ある
              
 下方墳部付近を撮影。保存状態も決して良いとは言えず、下方墳部とはいえ畑のあぜ道とも何故か見えてしまうくらいの状態だ。


拍手[1回]

PR