忍者ブログ

古社への誘い 神社散策記

たまには静かなる社の空間に身をまかせ、心身共にリフレッシュしてみませんか・・・・

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

伊波比神社

  古代武蔵國の横見郡があったと推定される吉見町は、埼玉県比企郡にあり、東松山市によって東西に分断された比企郡の東部の北半を占めるところにある。比企丘陵の東端にあたる丘陵地で吉見丘陵と呼ばれている。標高は30mから80mで、地質は凝灰岩で、吉見百穴や黒岩横穴墓群などの横穴墓群が広がり、丘陵のあちこちには枝状の谷が発達しし、古くから人々が生活したあとがうかがえる。
 
横見郡は明治29年(1896)には比企郡に編入されたのだが、編入先の比企郡には延喜式内社が、伊古乃速御玉比売神社の1社しかない。横見郡が律令国家にとって重要な土地であったのか(屯倉(天皇の直轄地)だったとする説もある)、あるいは横見郡の郡域は比企郡や大里郡にまで入り込んでいて、実際はもっと広かったのかもしれない。
 それにしても、横見郡の延喜式内社3社が、非常に狭い範囲に集中して存在しているのは不思議なことである。

所在地   埼玉県比企郡吉見町黒岩 346
社  格   旧村社 延喜式内社 武蔵国 横見郡鎮座
祭  神   天穗日尊 誉田別尊
            『神社覈録』『武藏国式内社四十四座神社命附』誉田別天皇・天太玉命
        『神祇志料』大己貴尊
        『神名帳考証』(延経)天穂日命                                                                
由  緒   和銅年間(708-715)に創建された式内社
例  祭   10月14日

 

 伊波比神社は比企郡吉見町黒岩の丘陵地の斜面に鎮座する。木々に埋もれるようにひっそりとした佇まいが非常に印象的で、社殿はこじんまりしていて新しそうだが、鳥居から社殿までのこの風景、景観はなかなかの歴史を感じる。 
 
現在の社殿の西方「八幡台」と呼ばれているところが旧境内で、応永年間(1394年頃)息障院が現地に移転したとき伊波比神社もこの地に遷ったと言われている。
 困ったことに駐車場が存在しない。そこで近くに鎮座する横見神社の駐車場を借用して参拝を行った。
伊波比神社の両部鳥居の先には風情のある佇まいの社殿が斜面にある。

 和銅年間(708-715)に創建された式内社で、喜祥2年(849)従五位下、貞観元年(859)には盤井神として官社に列格する。現在の社殿の西方にある「八幡台」と呼ばれているところが旧境内であるといわれている。(吉見町文化財整理室又は吉見町黒岩配水場のあたりか)応永初年(1394)ごろに現在地に移転した。

 伊波比神社に関して『新編武蔵風土記稿』黒岩村の項には次のように記されている。 

  岩井神社 或ハ岩井八幡トモ称ス 村ノ鎮守ニテ村民ノ持 祭神誉田別天皇天太玉命 今ノ神体馬上ニ弓箭ヲトル像ナリ 按二延喜内神名帳二武蔵国横見郡伊波比神社ト載セヌ続日本後記ニ嘉祥二年三月庚寅奉授武蔵国伊波比神従五位下トアリ 是当社ノコトナルヘシ 土人等ハ式内ノ社ナルコト云モ伝ヘサレト社地ノサマ老松生ヒシケリイカニモ古キ社ト見エタリ
 
伊波比神社左側に静かに鎮座する摂社岩崎神社             殿 

 『神名帳考証』、『神社覈録』、『神祇志料』は式内・伊波比神社を「黒岩村岩崎大明神」としている。また江戸時代は「岩崎大明神」「岩井神社」「岩井八幡」と称していたという。思うに摂社である岩崎神社のことではないか。鎌倉時代、源範頼(頼朝の弟)の所領がここにあり、子孫が吉見氏として四代続いていたということからも十分頷ける話と思う。

 また
伊波比神社は拝殿の位置が東側を向いている。その丁度300m位正面に郷社、横見神社が鎮座している。まるで高台から平野部に鎮座している大社を見守っているような、それか監視しているのか、ともかくこの位置関係は不思議でたまらない。

       伊波比神社拝殿より鳥居を撮影する。
ゆったりとした静かな時の流れがこの社一帯には確かに存在した。

               


拍手[3回]

PR